Sidの数学教室:高校用無料数学問題

高校問題   センター試験   公式集       目 的      

部門・年代別過去問
 
 さー、パソコンの前に計算用紙と鉛筆を用意し、次の過去問に挑戦してみましょう。

分類 問題分野 A B C D E F G
数I・A 方程式不等式・論理 1 2 3 4 5 6 7
2次関数 1 2 3 4 5 6 7
三角比・平面図形 1 2 3 4 5 6 7
確   率 1 2 3 4 5 6 7
数II・B 三角関数・指数対数 1 2 3 4 5 6 7
微分・積分 1 2 3 4 5 6 7
数   列 1 2 3 4 5 6 7
ベクトル 1 2 3 4 5 6 7
出題年度(西暦) 2007 2009 2010 2011 2008 2012 2013

問題の開き方・開始方法
     (1)上記問題テーブルから分野別の水色、ピンクのアンダーバーのある問題番号をクリックする
     (2)回答ページが現れるので、問題ページを開くためstart/stopボタンをクリックする
     (3)問題ページの別ウインドウが現れ、計算計測がスタートするので回答し始める
     (4)上記数学記述方法で回答する
     (5)回答が終わればfinishボタンをクリックする(設定時間以内に回答が終わらない
        と自動的に回答を終了する)
     (6)回答が正解であれば正解を、間違っていれば不正解を表示し、正解得点を計算し表示
        される。
     

ご利用上の注意

  このページ以降は大学入試センターの過去問から分野別問題、解答、解説を無料に提供するものです。数学問題で大事なのは如何に指定された時間内で正確に解答を引き出すかなので、問題を解く時間が自動設定されてます。時間が来ると自動的に回答停止となり、それまでの回答結果で得点を自動計算し、表示します。間違った箇所は解説、正解を参照し完全に理解しましょう。、
  数学には数学専用の記号法があり、パソコンから入力が難しい部分が多々あります。ここではプログラム開発(一部異なるものがあります)で使われる方法を利用し、基本に下記のように表記してください。
 (1)平方根     √5はR5で、√(a+b)はR(a+b)と回答する
 (2)平方、立方   32は3^2、(a+b)3は(a+b)^3と回答する
 (3)等しくない   3と4は等しくないを3=!4、xが(a+b)に等しくないをx=!(a+b)と回答する
 (4)割り算     -2p÷5は-2p/5で、(a+b)÷(c+d)は(a+b)/(c+d)と回答する
 (5)掛け算     10×30は10*30で、(a+b)×(c+d)は(a+b)*(c+d)と回答する
 (6)円弧       円弧ABは弧ABで回答する
 (7)文字、数字   英数字は半角のアルファベット、数字の順で回答する(例:12xy, 2acd)

その他のサービス

 解答、解説を良く読んでも理解できない場合は連絡先に問い合わせください。更に詳しい解説をe-mailで送ります。

Sidの数学教室
   数学問題無料提供
   責任者: 利学塾
連 絡 先
email:jpazalea@gmail.com
TTS概要技術比較
   海外のTTS(A)
   
海外のTTS(B)
   
国内のTTS(A)
   
国内のTTS(B)

Copy right: Sidnの数学教室 all rights resered